見積り 比較

無料見積りで安くなる?無料見積もりの比較と検討をしましょう

───────────────────
G:\@部活\記事\引越し 料金\カテゴリ3\10 『1社選ぶには訪問見積りを実現しましょう』.txt
───────────────────

 

 

10 『1社選ぶには訪問見積りを実現しましょう』

 

 

 

無料見積もりの段階から、引越し業者を選び抜くのは引越し経験者ならとても難しい事です。
何故なら料金比較が出来ていないからです。
低予算での引越しや、格安の引越しを希望される方は訪問見積りを実施して欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「訪問見積りのメリット」

 

 

 

訪問見積りは、実際にお宅に訪問して詳細な見積もりを実施するものです。

 

荷物の多さや、家族数から来る全体的な荷物量の計算、そして各部屋の家具や家電等の総量をチェックします。

 

 

そして、引越し当日に必要な情報として道路状況の把握や難度の高い引越し作業になるのか?見極める事が正しい引越料金へと繋がります。

 

この詳細が判らなければ、はっきりした引越料金の算出が出来ません。

 

特にマンションや団地のエレベーターなしの引越し案件は、料金が若干上がります。

 

 

 

メリットは、荷物の詳細が分かるので具体的な引越料金が判明する事と、どのような値引きが出来るのか?引越し担当者も把握できるのです。

 

また、あなた自身に合った引越しプランも提案できるチャンスにもなります。

 

 

 

 

 

 

「訪問見積りで即決を促す引っ越し業者に注意して下さい」

 

 

 

まずは一回目の交渉ですから、引越し業者を決定する為には敢えて詳細な見積もりを出してもらうだけで済ませましょう。

 

引越料金は比較をした後に、検討をしてみないと分からない事が多いです。

 

その場合、即決して引越し業者を決めてしまうと損をする事が多いです。

 

 

 

見積もりと云うものは、契約するまで比較する事が絶対条件です。

 

何度も比較して交渉する事で、低料金が実現するので即決だけは注意して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「訪問見積りをする事での安さ」

 

 

 

訪問見積りをする事で、引越料金は確実に下がると言えます。

 

また、訪問見積りをする事で引越料金全体が数万円下がると観て良いでしょう。

 

私の経験では、電話だけの見積もりよりも単身引越しの訪問見積りなら、5.000〜10.000円の料金の違いがありました。

 

下げ幅の少ない単身引越しで、10.000円も引越料金が違うのは大きいです。

 

1社選ぶには訪問見積りを実現しましょう関連ページ

無料見積もりを振り分けましょう
揃った無料見積もりを、全部訪問見積りをしていたら時間が掛かります。 これをどのように振り分け、訪問見積りへ持って行くのか? あなた自身に必要な無料見積もりの振り分け方をお話します。
訪問見積りの比較
訪問見積りで出た引越料金と作業内容に注目してみましょう。 実際に安いだけではなく、どの範囲まで含んだ料金になっているのか。 ただ安いだけでは良い引越しとは言えません。 コストダウンしながら、質の良い引越し業者を選びましょう。