無料見積もり

無料見積もりをもらいましょう

 

近年の引越しは3回とも、このシステムを利用してみました。
やはり、利用してみて初めてこの話に触れる事が出来ると思うのです。

 

現在では、この引越し比較ガイドが一番安くなるようです。
そこで、引越し比較ガイドによる無料見積もりをもらう事で、どのくらい引越しが簡単に済むのか?説明します。

 

 

今だから無料見積もり≠ナす!

 

無料見積もりは、引越し比較ガイドが提携している引越し業者に簡単な見積もりを出させるシステムです。
完璧とは言えませんが、大体の引越し仕様を計算して引越見積もりとしています。

 

要は、家族数や大まかな引越し荷物の量や移動距離を単純計算して約$薄怏~と云う引越し見積もりを出します。
概算ではありますが、ある程度キッチリした内容になっているのでご安心を。

 

そして、引越し業者は顧客を紹介してもらった立場なので営業が開始されます。
簡単に言えば、あなたに引越しを「入札」して落札する感じです。
勿論、あなたの引越しを各社が競合する形になるので、ここで安さに近付くようになっているのです。
セリ市は高値にするように持って行きますが、引越しの場合は安値をどれだけ打ち出せるのかが鍵です。

 

 

登録方法は簡単です

 

引越し比較ガイドに登録する方法は簡単です。
ナビとして流れを説明しますが、誰にでも出来る案内がありますので簡単な情報を入力します。
例として、私が過去に使用した「引越し価格ガイド」さんでやってみましょう。

 

 

  • 現在のお住まい状況

 これは、引越しを行う家を指します。

 

  • お客様情報

 

あなた個人か?ご家族情報でも構いません。
メールはフリーアドレスに対応しているのでご安心を。

 

  • お荷物情報

ベッド・ソファ・タンス・冷蔵庫・机や椅子等の荷物の数です。
それに加え、依頼したい作業条項を入力(梱包や荷解きです)

 

  • 最終確認

「5社を自分で選ぶ」またはチェックを外すとフリー状態になります。
フリーの場合は、最大10社からの無料見積もりが集まります。

 

大体、良く考えても10分くらいで終了します。
引越しを何度か経験した人なら3分くらいで終了するでしょう。

 

ここまでやっても「完全無料」です。
お金は一切掛かりませんのでご安心下さい。

 

 

無料見積もりを取得後は?

 

最大10社の無料見積もりが届きますので、即日から引越し業者と交渉が始まります。
最短で1分、最長で2日間以内には全社の無料見積もりが届いているはずです。
最大10社の枠なので、何社分の無料見積もりが届くのか分かりません。

 

しかし、私が使用した時は7社、6社、8社と毎回違いました。
正確に荷物の情報などを伝えていれば、必ず見積もり料金は明示されています。
稀に料金が明示されていない場合があるので、その時は荷物の情報や移動先の情報が欠落している可能性があります。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

無料見積もりをもらいましょう関連ページ

引越見積もりは2通りあります
引越見積もりが2通りあるとは不思議な話ですね? ですが、現在の引っ越し事情から見ると見積もりは2通りあるのです。 一つが引越し業者から直接もらう訪問見積り≠ナす。 もう一つが引越し比較ガイド等を使った無料見積もり≠指します。 この2つは似ているようで異なるタイプの見積もりなので、その辺を解説したいと思います。 ここでは、見積もりを実際に手にするまでの流れを説明します。 このナビゲーションで、あなたの引越しに役立てて下さい。
引越し業者の見積もり算定法
引越し業者の見積もり算定法は、あまり一般には浸透していません。 家族数で計算するとネット上で考えられていますが、その方法は曖昧で正確ではありません。 現在は純粋に引越し荷物と作業時間と移動距離で計算されています。
引越し業者の無料見積もり
引越し業者も独自の無料見積もりを持っています。 ただし、幾つかの大手引越し業者以外は迅速な対応は出来ません。 また、細かい荷物状況などを入力するスペースがありませんので、電話やネットだけの対応には限界があります。
引越し比較ガイドの有益性
現在の引越しでは、引越し比較ガイドに登録する引越しと、そうでない引越しとでは引越見積もりや引越し料金に大きな差が出ると云っても過言ではありません。 その引越し比較ガイドの有益性を皆さんにご紹介します。 引越しは、やはりお金が掛かるものですから安く済ませたいですね。
引越見積もりは業者を決める一番の目安
引越し業者も独自の無料見積もりを持っています。 ただし、幾つかの大手引越し業者以外は迅速な対応は出来ません。 また、細かい荷物状況などを入力するスペースがありませんので、電話やネットだけの対応には限界があります。