引越し 見積もり

引越し業者の見積もり算定法

 

引越し業者の見積もり算定法は、あまり一般には浸透していません。
家族数で計算するとネット上で考えられていますが、その方法は曖昧で正確ではありません。
現在は純粋に引越し荷物と作業時間と移動距離で計算されています。

 

 

引越見積もりの基本的な計算方法

 

引越見積もりは、人件費と呼ばれる作業員の数と引越し案件の移動距離、そして荷物の多さで単純計算されています。
そして、引越し用の作業車両の大きさや時間による計算方法を用いているのです。
ですから、引越見積もりはこのような形で計算されます。

 

また、作業時間も4時間と8時間に区割りされているので長ければ長いほど、引越し費用に負担が掛かります。
これは作業難易度と荷物用の多さを考慮した計算方法です。
ですから、作業員の数を増やせば引越し費用は高くなるという訳です。

 

 

引越見積もりは重さではなく面積の計算

 

見積もりをする時に重さはある程度覚悟する事なのですが、実際に大きな要素になるのは家具や荷物の面積です。
これは引越し作業車両に関わる事なので、重さよりも重要視されます。

 

荷物の多い方が引越見積もりが高いのは、この荷物の面積が占める割合が大きいと云えるでしょう。
それにより、引越し作業車両が何台も必要になる事があります。

 

軽いからと云って、ダンボールを数十個も用意する素振りを見せれば、これは引越し業者にとっては素敵なお客様となります。
荷物を減らすよりも、荷物の個数を減らす事も引越見積もりには大きく関わって来る事なのです。

 

 

梱包資材も見積もりに入ります

 

引越しの時にダンボールを置いて行く引越し業者をよく見掛けます。
この梱包資材は、引越し料金=引越見積もりの中に入っています。
無料で渡されていると思っている人が多いでしょうが、そんな事はありません。

 

ですから、なるべくならダンボールなら個数を控えたり、普段使っている布団圧縮袋を使用しましょう。
炬燵掛けのような布ならば、布団圧縮袋に入れたものは簡単に包めます。

 

多少見栄えは悪いですが、引越し業者の中にはダンボールを有料で回収する業者もいます。
引越見積もりを控えたい方や、引越し料金を抑えたい方にはちょっとした豆知識です。

 

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

引越し業者の見積もり算定法関連ページ

引越見積もりは2通りあります
引越見積もりが2通りあるとは不思議な話ですね? ですが、現在の引っ越し事情から見ると見積もりは2通りあるのです。 一つが引越し業者から直接もらう訪問見積り≠ナす。 もう一つが引越し比較ガイド等を使った無料見積もり≠指します。 この2つは似ているようで異なるタイプの見積もりなので、その辺を解説したいと思います。 ここでは、見積もりを実際に手にするまでの流れを説明します。 このナビゲーションで、あなたの引越しに役立てて下さい。
無料見積もりをもらいましょう
近年の引越しは3回とも、このシステムを利用してみました。 やはり、利用してみて初めてこの話に触れる事が出来ると思うのです。 現在では、この引越し比較ガイドが一番安くなるようです。 そこで、引越し比較ガイドによる無料見積もりをもらう事で、どのくらい引越しが簡単に済むのか?説明します。 ここでは、見積もりを実際に手にするまでの流れを説明します。 このナビゲーションで、あなたの引越しに役立てて下さい。
引越し業者の無料見積もり
引越し業者も独自の無料見積もりを持っています。 ただし、幾つかの大手引越し業者以外は迅速な対応は出来ません。 また、細かい荷物状況などを入力するスペースがありませんので、電話やネットだけの対応には限界があります。
引越し比較ガイドの有益性
現在の引越しでは、引越し比較ガイドに登録する引越しと、そうでない引越しとでは引越見積もりや引越し料金に大きな差が出ると云っても過言ではありません。 その引越し比較ガイドの有益性を皆さんにご紹介します。 引越しは、やはりお金が掛かるものですから安く済ませたいですね。
引越見積もりは業者を決める一番の目安
引越し業者も独自の無料見積もりを持っています。 ただし、幾つかの大手引越し業者以外は迅速な対応は出来ません。 また、細かい荷物状況などを入力するスペースがありませんので、電話やネットだけの対応には限界があります。