引越し見積もり 注意点

引越見積もりのポイントと注意点

 

見積もりのポイントとして、どこまで正確に料金や作業内容を反映しているのか?が大事なポイントです。
曖昧で作業内容も殆ど書かれていない見積もりは、正しい見積もりとは言えません。
現在では、見積書はPCで作成するので記入内容が大幅に増えました。

 

ですが、何故か空欄だらけの見積書が多いのです。
引越見積もりで大事なのは、見積もり記入欄がしっかり埋まっているものが安心な見積もりです。

 

 

見積り書は3枚あるんです

 

引越し会社の名前は出せませんが、正式な見積書は3枚あるのが本当です。
1枚目が業者控えになり、2枚目が作業指示書や作業指令書と呼ばれるものです。
3枚目がお客様控えとなり、その裏側には約款が書いてるのが正しい見積書です。
この見積書を用意していない業者も多いのでお気を付け下さい。

 

例えば2枚しか見積もり書を用意していない引越し業者もあります。
会社控えとお客様控えが1枚ずつでは、当日の作業指示書はどうなってしまったのでしょうか?

 

お考え下されば分かると思いますが、見積もりで決めていた話は何処かへ消えてしまいます。
段々とこのような引越し業者は少なくなっていますが、今も見積書が2枚だけの引越し業者は多いです。

 

 

人件費に注目しましょう

 

引越見積もりには、人件費を記入する項目があるはずです。
その中に金額と人数を書いているところがあるので注目して下さい。
これは、見積もりを比較する上で大変重要なお話になるので覚えておいて下さい。

 

まず人数をご覧下さい、その人数と料金を比較しましょう。
同額に対して人数が多い方が安い引越しと言えます。
逆に人件費は同じなのに、人数が少ない業者はそれだけ高いと云う事になります。
こういうところでも、引越し業者を比較できると良いですね。

 

 

見積書にある作業開始時間を見ましょう

 

見積書には、作業開始時間の項目があります。
フリー便以外は、この作業開始時間を厳守しなければなりません。
よくある事ですが、大手引越し業者でもこの欄に正確な時間を書き込まない業者がいます。
これは大変恥ずかしい行為で、作業時間が遅延したり大幅にズレ込むとお客様に対してご迷惑が掛かります。

 

例えば、決めてあった時間にお客様が合わせていたとします。
引越し車両と作業員は1時間ほど遅れたとしましょう。

 

もし、道路状況が混雑した場合は決めてあった見積り金額を超過して、追加料金に発展します。
このような事が無いように、作業開始時間は皆さんも注目しておいて欲しい項目です。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

引越見積もりのポイントと注意点関連ページ

最安値の引越見積もりで考える
一番お勧めしたいのが、最安値の引越見積もりの提案を受ける事です。 しかし、見積もりと云うものは安いだけでは決まりません。 皆さんの引越しのニーズと云うものが何処にあるのか?これを各々が確認しなければなりません。 今回は最安値の引越見積もりに拘ったナビをしたいと思います。
作業内容で引越見積もりを考える
引越見積もりでも、この作業内容に拘った方も多く見られます。 私は営業担当者だったので、お客様の関心の高さも窺えます。 ある意味では、引越し業者とお客様が一番交渉として大変な場面を迎えるのが、この作業内容≠中心とした引越見積もりでしょう。
トータルの引越見積もりで考える
ややバランス型の引越見積もりと云えば解り易いですね。 引越し料金と作業内容のトータルで考える引越見積もりです。 オプションサービスを利用しない範囲で考える人向きの、引越見積もりが多くなるケースです。