見積もり 比較 交渉

他社と見積もりを比較して交渉する

 

引越見積もりは、やはり他社と比較しなければ安くはなりません。
比較して本当に皆さんの事を考えた引越しが実現するはずです。
見積もり交渉は更に安くする為と、皆さんのお考えを引越し業者に伝える大事な場です。
この交渉が上手く行けば、半分以上は引越しが終わったのと同じようなものになります。

 

 

引越見積もりを選ぶのはお客様です

 

引越見積もりは、皆さんの引越しを料金化して分かり易くしたものです。
ですから、引越し業者が引越し当日にどのような方針と料金で対応するのか?そこが鍵なのです。
なので、皆さんはお客様の立場になりますので選ぶ側の立場と云う事を忘れないで下さい。

 

引越し業者にお金を払っている側ですので、あまり妥協するのもおかしな話です。
また、どういう引越しにしたいか?描いていない方は引越し業者の思った方向に流されるでしょう。

 

 

見積もり交渉に大幅値下げはありません

 

よく、ネットには訪問見積りで数万円下がった話が流布していますが、見積もり交渉において一気に値下げをする事はありません。
引越し業者の担当者には必ず上司がいるので、その上司の許しが無ければ料金を下げる事は難しいのです。

 

例を挙げますが、今回のあなたの引越し料金の概算が100,000円だったとします。
上司からは「11万から始めて欲しい」と会社を離れる時に言われます。

 

ですから、その上下10,000円以内で収めて纏めるのが営業担当者の仕事なのです。
端数から切り始め、少しずつ料金を下げているように見えますが、元が100,000円ならば90,000円まで下げる事は可能です。

 

ですが、110,000円から始めれば下がったように思うのは確かでしょう。
このような場合は、他社の見積もりが全部揃うまで返答を保留するのが良いですね。
迂闊に交渉してしまうと、その金額からなかなか下げ幅を得られない事に繋がります。
見積もり交渉は焦らない事が肝心です。

 

 

徹底的に返事をしない事も有効です

 

概算で出された見積もりに対して、可も無く不可も無く対応するのも交渉として有効です。
引越し業者は、皆さんが他社と比較している事を既に知っている事でしょう。
それならば、敢えて他社の見積もり状況を知りたがる引越し業者に教えなくて結構です。

 

見積もり料金は、その引越し業者の誠実な気持ちから出るものです。
敢えて返事をしない事で、無言の拒否をしていると解ってくれます。

 

 

言ってはいけないワード集

 

引越見積もりの見積もり交渉で、言ってはいけないワードと云うのが存在します。
幾つかご紹介するので、参考にしてみて下さい。
私も実際、現場では毎日聞いていた話です。

 

  • 「安くして下さい!」
  • 「他の業者○万だった」
  • 「予算は○○万まで用意している」

 

このようなワードは、逆に見積もり交渉で結果が悪い方へ行ってしまいます。
特に引越し業者の営業担当者は、誘導尋問のように「今回はどのくらいの予算で考えてますか?」と聞いてきます。
分からないから引越見積もりを頼んでいるので、馬鹿げた話です。
また、見積もりは引越し業者が出すものなので、皆さんは堪える義務は発生しません。

 

 

NGワードについては、次で詳しく説明します。 → 引越し業者との交渉に関するNGワード

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「交渉を優位に運ぶヒント」

 

 

 

見積もり交渉で、優位に運べるヒントがあります。

 

ワードとして記載するので、覚えておいて下さい。

 

実際に見積もり交渉で行き詰まった時に使用して下さい。

 

 

 

 

 

・「これがあなたの会社の金額なんですね?」

 

 

 

・「他とあまりにも差があるので驚きました…」

 

 

 

・「最初の交渉は挨拶ですよね? 交渉はここからです」

 

 

 

・「次に引越しが出たら、お宅を頼むから」

 

 

 

 

 

このような話は氷を融かすように引越し業者の心を動かします。

 

動揺させたり、アメとムチで交渉に臨んで下さい。

 

他社と競合しているからこそ出来る事なので、無料見積もりがここの時点でかなり効いています。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

他社と見積もりを比較して交渉する関連ページ

本当に値下げ交渉はできるのか?
巷では、引越し業者との交渉が一番難しいと言われています。 また、値下げ交渉を行う事に懐疑的な目を向けている方も多いと思います。 実際に値下げ交渉が見積もりの段階で出来るのか?ご紹介して行きます。
引越し業者との交渉に関するNGワード
値下げ交渉時に、引越し業者に言ってはいけないNGキーワードがります。 このNGワードを他のサイト管理者は感情的な部分で書いてらっしゃいますが、私は安くする為のNGワードとして受け取っています。 幾つかご紹介しますので、今後の参考になさって下さい。
引越し業者を比較する事で安さに繋がります
引越し業者を見積もりだけで比べるのは、情報として少ないと思います。 口コミやインターネット等で事前に評判を調べておくのも効果的です。 どのようなタイプの引越しに強いのか?知る事も安さに繋がります。
プランを変更して引越見積もりを交渉する
大抵の引越しは、通常プランと云われる標準的な引越パックを想定しています。 中身としては、梱包も引越し作業員が準備して整える形になります。 これを一部変更して、引越し業者の営業担当者と交渉して行くと安くなります。
引越料金に拘る人の値下げ交渉術
どのような形でも引越料金の安さに拘るのであれば、確実に引越料金を下げるマニュアルをご紹介します。 テクニックではなく、あくまでも交渉のひとつです。 劇的に引越料金を下げるマジックは存在しないので、地道に安さに近付けましょう。
梱包は自ら行えば引越料金は安くなります
今まで引越しをなさった人達に話を聞いてみると、梱包を自ら行う事で料金が安くなる事を知らなかった方々が少なからずいました。 またその逆で、梱包は自分達でしているのに引越料金が下がらなかったと実感している人もいます。 何がどう違うのか?ご説明して行きたいと思います。
値切って引越見積もりが高くなる例?
これは全体的なケースと私個人の経験したケースを含めお伝えします。 どのようなものが引越見積もりが高くなってしまうのか?ご説明致します。 値切って高くなるとは、普通では考えられない事でしょう。 ですが、引越しでは当たり前のように起きる問題点なのです。
納得の見積もりが出たら契約しましょう
引越し業者の見積もりが出揃って、何度も交渉しているうちにあなた自身が納得出来る引越料金となっているはずです。 その時は1社だけ選択して契約しなければなりません。 注意事項と契約に関して少しだけお話します。