引越し料金 値下げ

引越料金に拘る人の値下げ交渉術

どのような形でも引越料金の安さに拘るのであれば、確実に引越料金を下げるマニュアルをご紹介します。
テクニックではなく、あくまでも交渉のひとつです。
劇的に引越料金を下げるマジックは存在しないので、地道に安さに近付けましょう。

 

どのような引越しを望むのか?

あなた自身がどのような引越しを望むかで、安さと効率の良い引越しになります。
また、プランを変更しても安さに拘るなら低料金の引越しに耐えなければなりません。
ただ座って見ているだけの引越しから、引越し当日までに幾つかのしなければならない事が発生します。

 

日程と時間は引越し業者に預ける

ある程度、引越し日時と時間に余裕のある方は日時を変更する事で安さを追求できます。
やはり、ただ安い引越しを求めるだけでは安さには繋がりません。
ある程度は譲歩して、安い引越しにフットワークを軽くしましょう。

 

曜日と時間を変えるだけで、2万円弱安くなった事があります。
平日希望で、暦は仏滅、また時間は夕方のフリー便なら格安の引越しが出来ます。

 

貴重品や高額なものはご自分で運ぶ

引越し業者の保険に入らなければならないものは、全てご自分で運ぶのが安くなる方法です。
この保険に入る事も拒否すると引越料金は安くなります。

 

ただ、義務としてトラブル回避の為に必ず保険に入らなくてはならない引越し業者もありますので、事前に調べておくのも良いでしょう。
破損しても問題が無ければ、保険の加入を拒否しても結構です。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

引越料金に拘る人の値下げ交渉術関連ページ

本当に値下げ交渉はできるのか?
巷では、引越し業者との交渉が一番難しいと言われています。 また、値下げ交渉を行う事に懐疑的な目を向けている方も多いと思います。 実際に値下げ交渉が見積もりの段階で出来るのか?ご紹介して行きます。
他社と見積もりを比較して交渉する
引越見積もりは、やはり他社と比較しなければ安くはなりません。 比較して本当に皆さんの事を考えた引越しが実現するはずです。 見積もり交渉は更に安くする為と、皆さんのお考えを引越し業者に伝える大事な場です。 この交渉が上手く行けば、半分以上は引越しが終わったのと同じようなものになります。
引越し業者との交渉に関するNGワード
値下げ交渉時に、引越し業者に言ってはいけないNGキーワードがります。 このNGワードを他のサイト管理者は感情的な部分で書いてらっしゃいますが、私は安くする為のNGワードとして受け取っています。 幾つかご紹介しますので、今後の参考になさって下さい。
引越し業者を比較する事で安さに繋がります
引越し業者を見積もりだけで比べるのは、情報として少ないと思います。 口コミやインターネット等で事前に評判を調べておくのも効果的です。 どのようなタイプの引越しに強いのか?知る事も安さに繋がります。
プランを変更して引越見積もりを交渉する
大抵の引越しは、通常プランと云われる標準的な引越パックを想定しています。 中身としては、梱包も引越し作業員が準備して整える形になります。 これを一部変更して、引越し業者の営業担当者と交渉して行くと安くなります。
梱包は自ら行えば引越料金は安くなります
今まで引越しをなさった人達に話を聞いてみると、梱包を自ら行う事で料金が安くなる事を知らなかった方々が少なからずいました。 またその逆で、梱包は自分達でしているのに引越料金が下がらなかったと実感している人もいます。 何がどう違うのか?ご説明して行きたいと思います。
値切って引越見積もりが高くなる例?
これは全体的なケースと私個人の経験したケースを含めお伝えします。 どのようなものが引越見積もりが高くなってしまうのか?ご説明致します。 値切って高くなるとは、普通では考えられない事でしょう。 ですが、引越しでは当たり前のように起きる問題点なのです。
納得の見積もりが出たら契約しましょう
引越し業者の見積もりが出揃って、何度も交渉しているうちにあなた自身が納得出来る引越料金となっているはずです。 その時は1社だけ選択して契約しなければなりません。 注意事項と契約に関して少しだけお話します。