単身パックのメリット・デメリット

単身パックのメリット・デメリット

 

単身引越しで安さを謳われている単身パック≠ナすが、実際にはその規格に合わない荷物量の事情があるようです。
単身パックを使用する為に、無理に荷物を削減する事も愚かな選択です。
その逆で、単身パックはどのくらいまで安くなりメリットがあるのか?そこも説明したいと思います。
メリットとデメリットで、あなたの引越しケースを考えてみて下さい。


 

単身パックの安さ

 

現在、単身パックの平均金額は各社バラバラの状態です。
一応は荷物の規格は存在していますが、金額には開きがあるのが実情です。

 

私が確認したところでは、最安値は9.000円台の単身パックが存在します。
今後、単身パックは引越しとして扱われるよりも、物流として扱われる方が大きく変化して行く事でしょう。

 

クロネコ引越に期待

 

ヤマト運輸の中にあるクロネコ引越ですが、宅配並みにサービスが充実しています。
まずは、引越しではなかなか出来ない時間指定が出来るようになりました。

 

単身引越しは安くする為にフリー便で送られる事が多かったのですが、料金が変わらずに時間指定が出来るのは大きなメリットです。
宅配のように簡単な引越しになったのは、斬新なプランになる可能性があります。

 

単身パックのデメリット

 

単身パックの唯一の悪い部分は、規格がワンルーム用になっている事です。
その為に、限定された荷物量しか運べなくなっているのが困ります。
私も何度も単身パックを利用しましたが、何度か運べない荷物を自分の車に積んで運んだ事があります。

 

また別のケースでも触れましたが、女性の単身引越しには単身パックは向いてません。
男性の一人暮らしやワンルームに規格が限定されているので、荷物量の多い女性は圧倒的に不利です。
女性の単身引越しの相場が出来たら、きっと30.000円台の引越相場となるでしょう。
引越し各社が、もう少し荷物を運べるように工夫して欲しいと思う分野です。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

単身パックのメリット・デメリット関連ページ

通常プランで考える引越し
私達は、引越しをする時に引越し業者に譲歩した形で引越料金を払ってきました。 基本となる通常プランを基にした引越し計画をお勧めします。 あなた自身の手作業を含む引越しは、本当の安さとは言えません。
ファミリー引越しで安くなるプランとは?
ファミリー引越しで、どのプランが引越料金が安くなるのか?困ったことがあると思います。 通常プランではなく、幾つかのプランをご紹介しながら安くなるプランを探ってみましょう。 あなたの引越しに合うケースを見つけられたら、きっと引越料金を安く出来るはずです。
午前と午後では引越料金は違うのか?
午前と午後は、引越料金には差はありません。 しかし、幾つかの面で引越料金が割安になるケースが存在します。 午前のメリットと午後のメリットをご紹介したいと思います。