引越しで運べる物と運べない物

引越しで運べる物と運べない物

 

引越しには運べそうで運べない物や、運べないと思っていた物が運べるケースがあります。
幾つかご紹介するので、あなた自身の引越しケースと合わせて活用してみて下さい。
引越し時の荷物運びや、梱包時のヒントとしてご活用下さい。


 

 

国土交通省で定められた約款

 

標準引越運送約款(平成13年4月5日国土交通省告示468号)で定められた引越し業者による荷物の制限があります。
運べない物は以下のようになっているのでご注意下さい。

 

  • 現金、有価証券、貴金属や宝石の類
  • 預貯金通帳、キャッシュカード、実印を含む印鑑類
  • 火薬や燃料になる危険物(花火・石油・ガソリン・ガスボンベ)
  • 食品類(生ものや破損し易いケースに入っているもの)
  • 動植物(基本的に梱包が難しいもの)
  • 美術品、骨董品の類
  • PCやノートパソコンやデータ記憶媒体(PCは梱包がしっかりしていればOK)
  • 大理石や破損し易い状況の梱包によるもの(梱包がしっかりしていればOK)

 

有料で運べる物

 

これも幾つかご紹介します。
既に引越しを経験されている方はご存知だと思いますが、これから引越しをされる新大学生やサラリーマンに必須な情報です。

 

  • 車やバイク、または自転車
  • ペット各種
  • ピアノや楽器などの輸送
  • 物置や小さなプレハブ家屋

 

このような物が有料で運べます。
引越し前に引越し業者と確認をしながら引越し準備を進めて下さい。
尚、50ccクラスのバイクや原付は、ガソリンを空にした場合は引越し荷物として運べるケースもあります。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

引越しで運べる物と運べない物関連ページ

不用品の処分と回収方法
引越し時に不用品が多く出る事があります。 新居へ古い家具を持ち込みたくない場合や、頑張って使い続けた結果に老朽化した家具や家電があります。 このようなケースに対応するヒントをご紹介したいと思います。 引越し時に、不用品を荷物として搬送しないように心掛けましょう。
引越しが決まってから速やかに行う事
Q&A方式で、あなたの疑問に答えます。 引越しが決まってから忘れている事や、多くの疑問に対して答えます。 今後の引越し準備にお役立て頂ければ幸いです。