引越し 4人

ファミリー引越し(家族4人用)のケース

一般的には一番標準の引越しタイプと言われているケースです。
引越料金の基本的な料金は、このタイプから計算される事が多いのです。
荷物量としては、一番多い引越しタイプなので工夫をするだけで安くなる引越しとも言えます。

 

4人用の引越しは大金が掛かると思われがちです

 

4人用の引越しになると、金額が大きく跳ね上がります。
きっと、見積もりの段階で驚かれた方も多いはずです。
しかし、1人頭の計算で換算すると家族4人用の引越しはとても安上がりな引越しだと思います。

20km以内の移動距離なら、繁忙期やオフシーズンに関係無く70.000円と云う平均的な引越し価格になります。
これは平均であるので、更に安く見込める引越しのケースも当然あります。

 

荷物量の多さが決め手になるでしょう

 

移動距離20km以内と仮定した場合…
荷物量が多い場合は、65.000〜75.000円が安い引越しの料金となります。
平均的な荷物量なら、55.000〜65.000円程が適切です。
ですから、安いと思われるラインは55.000円以下の価格になるでしょう。

 

20km以内の引越しで40.000円台を実現するケースも増えています。
引越し価格ガイドを使った引越しなら、実現可能な引越料金かも知れません。

 

基本料金以外に注目しましょう

 

家族4人用の引越しでは、荷物量の他にエアコンの台数が一番の焦点になります。
家族4人でエアコン1台と云う事も少ないでしょうから、これをオプションサービスで依頼すると引越料金は高く思えます。
しかし、正当な電気工事よりも引越し業者のオプションの方が割安になるケースが多いです。
この場合、纏めて依頼して端数でも切ってもらう見積もりをお願いしてみましょう。
メーカーや他の業者では割引される事はありません。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

ファミリー引越し(家族4人用)のケース関連ページ

単身引越しのケース
単身引越しは安いと思われがちですが、人数計算をすると比較的荷物の量を制限されて高い引越しになるケースが多いです。 私は単身引越しだけで5回を経験しているので、幾つか実例を含みながらお話させて頂きます。
女性用単身引越しのケース
女性用の単身引越しも男性と同じくらい増えてます。 都市部の大学への引越しや、新卒での就職事情でのケースが圧倒的です。 ですが、最近は気に入った街に住む事もステイタスとして広がっているようで、女性の単身引越しは毎年ケースが右肩上がりです。 受け取った見積もりに納得している場合は必要ありませんが、もしもの為に少し書き加えておこうと思います。
2人用引越しのケース
2人用引越しの場合は、家族4人用の家具や家電と同じ割合になる事が多いです。 多少違うのは、個人の荷物量の差でしょうか。 少しでもお得になれる情報を提供して行きます。
近距離引越しのケース
近距離引越しは融通の利く引越しケースとなる事が多いです。 また、引越し業者は大手から地元密着型の業者まで幅広く活用できる事が挙げられます。 近距離引越しでの特徴と、引越料金を安くするコツをご紹介します。
遠距離引越し(海外引越を含む)のケース
遠距離引越しの場合は、荷物の量よりも安くする方法として運び方の工夫です。 運び方の工夫で、引越料金が大きく変わってきます。 テクニックとは言いませんが、当マニュアルでは確実に安くする方法をお伝えします。