引越し料金 遠距離

遠距離引越し(海外引越を含む)のケース

遠距離引越しの場合は、荷物の量よりも安くする方法として運び方の工夫です。
運び方の工夫で、引越料金が大きく変わってきます。
テクニックとは言いませんが、当マニュアルでは確実に安くする方法をお伝えします。

 

引越し業者は大手引越し業者を選びます

やはり、大手引越し業者の守備範囲を計算しなければなりません。
全国展開している引越し業者に依頼すると、引越料金は安く済みます。
この場合、ネットワークが物を言うのです。

 

また、大手物流会社で引越スタッフを抱えている会社も便利です。
日通やヤマト運輸のクロネコ引越等が良いでしょう。

 

混載便で引越し荷物を送る

混載便とは引越し荷物を専門的に送る事ではなく、他の荷物と混ぜて載せる便の事を指します。
その名の通り、引越し用の荷物と分けて考えていないので料金は安くなります。

 

では、どんな場合に良いのかご説明します。
混載便は、専用車ではないので引越し当日に荷物が到着する事はありません。
ですから、新居先にゆっくり向かわれる方が選べる方法です。
チャーター便(専用車)より格安の荷物の運搬方法なので、引越し業者の営業担当者に聞いてみるのも良いでしょう。

 

離島にはコンテナ便を推奨します

離島に引越す場合は、向かわれる方にも準備や日時が必要でしょう。
この場合は、混載便よりもゆっくり到着するコンテナ便をお勧めします。
お急ぎでない方は、混載便よりもさらに安い引越料金を提案しておきます。

 

海外引越しで必要な事

海外引越の場合、すぐに開梱する荷物は標準の宅配として送った方が便利です。
実際の引越し荷物は、混載便か?コンテナや船便で送ると良いでしょう。
勿論、日程的な調整が必要ですが、引越し各社によって方法が違うので、見積もり交渉の時に詳しくお聞きした方が良いと思います。
また、初めに必要な荷物だけを送ってくれるプランもありますので、そのようなプランを私としてはお勧めします。

 

現地に到着した時に、引越し荷物が到着していない場合があります。
その時は緊急で生活できるだけの荷物を送っておいた方が便利です。
海外の物流は、時間や日時に正確ではありません。
日本の引越し業者が海外に駐留している会社を選ぶのも大事な事でしょう。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

遠距離引越し(海外引越を含む)のケース関連ページ

単身引越しのケース
単身引越しは安いと思われがちですが、人数計算をすると比較的荷物の量を制限されて高い引越しになるケースが多いです。 私は単身引越しだけで5回を経験しているので、幾つか実例を含みながらお話させて頂きます。
女性用単身引越しのケース
女性用の単身引越しも男性と同じくらい増えてます。 都市部の大学への引越しや、新卒での就職事情でのケースが圧倒的です。 ですが、最近は気に入った街に住む事もステイタスとして広がっているようで、女性の単身引越しは毎年ケースが右肩上がりです。 受け取った見積もりに納得している場合は必要ありませんが、もしもの為に少し書き加えておこうと思います。
2人用引越しのケース
2人用引越しの場合は、家族4人用の家具や家電と同じ割合になる事が多いです。 多少違うのは、個人の荷物量の差でしょうか。 少しでもお得になれる情報を提供して行きます。
ファミリー引越し(家族4人用)のケース
一般的には一番標準の引越しタイプと言われているケースです。 引越料金の基本的な料金は、このタイプから計算される事が多いのです。 荷物量としては、一番多い引越しタイプなので工夫をするだけで安くなる引越しとも言えます。
近距離引越しのケース
近距離引越しは融通の利く引越しケースとなる事が多いです。 また、引越し業者は大手から地元密着型の業者まで幅広く活用できる事が挙げられます。 近距離引越しでの特徴と、引越料金を安くするコツをご紹介します。