単身引越し

単身引越しのケース

単身引越しは安いと思われがちですが、人数計算をすると比較的荷物の量を制限されて高い引越しになるケースが多いです。
私は単身引越しだけで5回を経験しているので、幾つか実例を含みながらお話させて頂きます。

 

単身引越しは上限が20.000円までと考えましょう

 

単身引越しの場合、あなた自身が余程の荷物量を抱え込んでいなければ上限は20.000円以内と云うのが標準的です。
私は回を重ねる毎に引越料金が安くなりました。
勿論、無理な不用品の回収等もありません。

 

現在、引越し業者の取り扱う商品としての単身パックは安くなっている傾向があります。
各社を競争させる見積もりを出させれば、必ず20.000円以内に収められるはず。
それには、引越し比較ガイドの使用を検討されると良いでしょう。

 

荷物量による単身引越しの分かれ道

 

単身引越しでは、引越し先がワンルームと限られた想定をしています。
ですから、収まり切れない荷物を高値で見積もりされてしまうのです。
ワンルームならワンルーム用に充てた荷物に変更する事が、安い引越しに繋がります。
その場合は、単身パックの利用が一番安くなります。

 

社員寮や2Kへの引越しの場合は、荷物量をそれほど考慮しなくても良いと思います。
この場合、単身パックを使用すると逆に損をしてしまうので、通常の引越しとして換算してくれるようにお願いしましょう。
特にサラリーマンは会社が住宅を供給してくれる事が多いです。
供給先の住宅事情を考慮して、引越しタイプを選ぶのがベストですね。

 

単身引越しの注意点

 

単身引越しが近距離ならば赤帽や地元の引越し業者が安いです。
また、遠距離になるほど大手引越し業者がお得になります。
単身引越しが割高になるケースとして、貴重品やマイカーの運搬によるオプションサービスの利用が挙げられます。
労力を伴わない引越しを考慮される場合は、あなた自身に負担の無いオプションサービスを利用しましょう。
少しくらいの労力が必要だと判断された場合は、貴重品やPCはあなた自身のマイカーで運べば引越料金は安くなります。

 

単身引越しは、あなた自身が最後に移動する手段によって、少し料金が変わって来るケースがあります。
この場合、マイカーやバイクを所持していると引越料金が変わります。

具体的な引越費用については、こちらで確認できます。

↓   ↓   ↓   ↓

単身引越しのケース関連ページ

女性用単身引越しのケース
女性用の単身引越しも男性と同じくらい増えてます。 都市部の大学への引越しや、新卒での就職事情でのケースが圧倒的です。 ですが、最近は気に入った街に住む事もステイタスとして広がっているようで、女性の単身引越しは毎年ケースが右肩上がりです。 受け取った見積もりに納得している場合は必要ありませんが、もしもの為に少し書き加えておこうと思います。
2人用引越しのケース
2人用引越しの場合は、家族4人用の家具や家電と同じ割合になる事が多いです。 多少違うのは、個人の荷物量の差でしょうか。 少しでもお得になれる情報を提供して行きます。
ファミリー引越し(家族4人用)のケース
一般的には一番標準の引越しタイプと言われているケースです。 引越料金の基本的な料金は、このタイプから計算される事が多いのです。 荷物量としては、一番多い引越しタイプなので工夫をするだけで安くなる引越しとも言えます。
近距離引越しのケース
近距離引越しは融通の利く引越しケースとなる事が多いです。 また、引越し業者は大手から地元密着型の業者まで幅広く活用できる事が挙げられます。 近距離引越しでの特徴と、引越料金を安くするコツをご紹介します。
遠距離引越し(海外引越を含む)のケース
遠距離引越しの場合は、荷物の量よりも安くする方法として運び方の工夫です。 運び方の工夫で、引越料金が大きく変わってきます。 テクニックとは言いませんが、当マニュアルでは確実に安くする方法をお伝えします。